天満宮前 家族信託相談所

〒530-0041 大阪市北区天神橋1-18-27 天神ビル3F
地下鉄 南森町・大阪天満宮から徒歩3分 JR天満から徒歩10分

営業時間
9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お問い合わせは

06-6809-6657

          

    【Q11】信託を組むことで税金はかかってきませんか?

             

信託を組むと信託財産の所有権は委託者から受託者に移りますが、税法上は、受益者が財産を有すると考えます。これは所得税・消費税・固定資産税いずれも同様です。

≪具体的には≫

■信託開始時

  • 信託契約設定時に[委任者=受給者]とすれば贈与税や不動産取得税はかかりません。

■信託期間中~相続

  • 賃貸収益にかかる所得税や固定資産税は、受益者にかかります。

■信託契約終了時

  • [信託終了時の受益者=残余財産の帰属権利者]であれば課税はされません。
  • [信託終了時の受益者≠残余財産の帰属権利者]の場合、信託終了の原因に応じて贈与税または相続税の課税対象になります。

※家族信託を組むことで相続税が安くなることはありません。家族信託は、相続税対策ではありませんが、家族信託を組むことで高齢の親の老後の資産管理と同時に争族対策に有効な制度であると言えます。