天満宮前 家族信託相談所

〒530-0041 大阪市北区天神橋1-18-27 天神ビル3F
地下鉄 南森町・大阪天満宮から徒歩3分 JR天満から徒歩10分

営業時間
9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お問い合わせは

06-6809-6657

           

【Q12】委託者が死亡したら受託者借入で購入した不動産の抵当権はどうなるの?

             

受託者が借入をして、信託財産として購入建設した不動産の場合、登記上、甲区は「信託登記」、乙区には(根)抵当権が設定されますが、この場合、債務者欄には「受託者」という表示は入らず個人名しか入りませんが、実態は受託者としての借入です。

そのため、委託者である親が死亡しした場合は、信託の終了登記と同時に、(根)抵当権の変更登記もする必要があります。

融資を受けた銀行には、相続人全員の協力のもと当該物件の後継者が単独の債務者となる旨の変更契約書を交わすこととなります。