天満宮前 家族信託相談所

〒530-0041 大阪市北区天神橋1-18-27 天神ビル3F
地下鉄 南森町・大阪天満宮から徒歩3分 JR天満から徒歩10分

営業時間
9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お問い合わせは

06-6809-6657

        

    【Q9】残余財産の帰属先権利者とは何ですか?

             

信託契約終了時に残っていた信託財産を「信託の残余財産」といいます。その財産の受取人を「残余財産の権利帰属者」といい信託契約の中で指名できます。

ただ、信託契約の終了が委託者の死亡時の場合は、信託契約が遺言になります(信託の遺言機能)ので、相続税や贈与税の考慮をしておく必要があり、特に老親の判断力低下が目前に迫った段階で家族信託を組む場合で残余財産の帰属先を検討する時間がない場合は、「相続人全員の協議による」や「別途定める遺言書に委ねる」等、あえて信託の遺言機能を使わないケースもあるかと思います。